So-net無料ブログ作成
検索選択

文化庁メディア芸術祭 受賞作品展 [イベント]

文化庁メディア芸術祭受賞作品展.jpg

アート、エンターテインメントアニメーション、マンガなど、メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的にして1997年度から毎年開催され、その作品を顕彰するとともに創作活動を幅広く紹介している、「文化庁メディア芸術祭」の受賞作品展が2010年2月3日より国立新美術館で始まる。

今回は過去最大規模の世界53の国と地域から各ジャンルの総計2,592点もの応募作品の中から、約170点の受賞作・優秀作品を展示・上映する。

また受賞者や審査委員らが出演するシンポジウムや、国内外のアーティストらが自身の作品について語るプレゼンテーションなども開催し、"メディア芸術とは何か?"を見つめ直し、「メディアアート」に実際に触れて、体験することができるライブフェスティバルでもある。

過去の受賞作品には、もののけ姫、新世紀エヴァンゲリオン、 ファイナルファンタジーVII、シーマン、ドラゴンクエストⅦ、明和電機のライブパフォーマンス、MONSER、バガボンド、攻殻機動隊、TENORI-ON、Wii-Fitなど、国内外を問わず評価された作品も多い。

個人的には普段なかなか実物に見る事のないアート部門の動的インスタレーション作品を閲覧(または体感)できる点が非常に楽しみ。

growth modeling device.jpg
growth modeling device(インスタレーション)
作:David BOWEN

公式サイトでは受賞作品の動画を見る事も出来るので、開催前に是非。


文化庁メディア芸術プラザ
http://plaza.bunka.go.jp/festival/2009/information/



光のえんぴつ、時間のねんど 図工とメディアをつなぐ特別授業

光のえんぴつ、時間のねんど 図工とメディアをつなぐ特別授業

  • 作者: 岩井俊雄
  • 出版社/メーカー: 美術出版社
  • 発売日: 2009/10/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。